© 22世紀に残すもの

​お問い合わせ

March 7, 2017

松前)

池川明先生を中心にした「愛の子育て塾」(10期)の副代表をやっており、この会は年齢も男女も問いません。

その会で、先だっては47歳で初産というかたがいらっしゃいました。

また、41歳で入塾後1年後には子供を産んだ方もいらっしゃいます。入塾一期生で、相手はいないが子供は産みたいと参加、2回目の会合には男性を連れてきて、出会って2か月後に結婚、その年の暮れには出産されました。

胎内記憶に関しては、お兄ちゃんと一緒にママを選びに行って、中学生の時のママの姿を見て決めた、というお子さんがいらっしゃいました。子供が親を出会わせている、というこ...

March 7, 2017

■胎内記憶とは

胎内記憶とは、「母親のお腹の中にいたときの記憶」のことを言います。

新生児の時の記憶、中間生、肉体を持つ前の記憶、前世の記憶も0.8%ですがあるというデータがあります。

セントラルドグマ、つまり一般に常識と言われるものでは

・胎児・新生児は記憶がない

・目はほとんど見えない

・痛みも感じない

とされています。

でも本当でしょうか。

2000年ごろからこの研究を始めましたが、当時は新興宗教家扱いでした。

■胎児の頃の記憶はあるか?

子どもの言う事は、思い込みの場合や、親など大人に褒められたいために話す場合もあるのですが、事実というのは、目の...

February 28, 2017

・はじめに

「22世紀に何を残すか」のタイトルをいただき、今さまざまに混乱する社会状況を思う時

・人を育む地場は 家庭

・仕事を育む地場は 仕事場

しかし今、それぞれの場で、きちんと躾けられ、学び育つ基本の形やルールが軽んじられる危うさを感じています。  

あらためて

・自然に学び

・歴史に学び

・人に学ぶ

この3つの学びを、常に続けることと思っています。

思いつきや、目先のことだけに主眼を置くのではなく、「必然性という裏付け」を、体感の中から発想し、考えていくべきではないかと思います。

近代以後 科学が発達し便利にはなりましたが、その分人の心は、日々貧...

January 17, 2017

・はじめに

最近の悲しい出来事は

①築地市場移転問題で、都が豊洲市場(江東区)で実施した地下水モニタリングの最終9回目の調査(暫定値)で、最大で環境基準値の79倍に当たる有害物質のベンゼンと、検出されてはいけないシアンが計数十カ所で検出されたという。

7回目までは検査では基準値をクリヤーしていたのに、8回目でわずか越え、9回目の検査では79倍の数値というのは、どういうことなんだろうか。都知事が変わって、検査会社が変わって、なぜこんなに数値が変わるのか。

②アメリカの大統領にトランプが就任する。大変な人が大統領になってしまうと心配している。た...

December 13, 2016

・4つの弱さ「スロー、スモール、ショート、シンプル」を再評価し、真の豊かさを手にする

・省エネ・循環型の生き方をする「ナマケモノ」から見習う『スローライフ』

・現代社会を縛っているマインドセットを降りて「グローバルからローカルへ」

●最初に

岐阜を4日間旅してきてここに来ました。行く先々で渡邉智恵子さんのお話が出てきましたし、また行く先々でコットン復活の動きが起こっていることを実感してきました。

●自己紹介

ぼくは文化人類学を教えつつ、環境活動家でもあります。

今日最初に、大学1年生の授業用のスライドをお見せしながら、普段こんなことを話していると...

October 17, 2016

・「大地を守る会」とは

大地を守る会は有機農産物の宅配をしています。41年前に生まれ、農薬や化学肥料をなるべく使わない食べものを、都市の消費者の玄関先に届けるということを続けてきました。現在会員は10万人、加えてネットで注文をくださる非会員のお客様が18万人、合計28万人のお客様が居ます。

私たちは事業を進めながら、社会への働きかけも同時に進めてきました。

・第一次産業を守ること

・環境保全に資する活動

私たちの意思は明確で、3.11もふまえ、持続可能なエネルギーへのシフト、脱原発をめざし、TPPも反対です。TPPは日本の農業に大きな影響を及...

September 20, 2016

・「夫が妻を殴って何が悪の?」米国でDVが社会問題になっていた94年 日本の現状

・暴力はごく一部。DVの本当の目的は「相手を支配すること」

・DVの最大の被害者は子どもたち。子ども向けのDV予防教育で「根治」をめざす

【渡邊智恵子より紹介】

梶山さんとは2年前に婦人公論がご縁で出会い、こんなすごい文章を書ける人がいる、本質を捉えられる人なんだと感心しました。梶山さんはずっとDVのことを取材、報道してきた方で、マイノリティ、虐められている子供たちなど、陽の当たらない場所にいる人たちを取り上げ続けていることに感動しました。

「智恵子と仲間たち」...

July 6, 2016

■憲法に特化したきっかけ

弁護士となり、事業仕分けもやり、宝くじなども仕分けました。この頃はまだビジネスロイヤーでしたが、原発事故のあと東電は電気料金10.8%の値上げを申請し、結局8.46%に落ち着きましたが、東電の財務諸表を読むことができるので、外部有識者として値上げと戦いました。

東電があれだけの事故を起こしたのになぜ潰れないのだと思いますか?

補償総額は10-30兆円と言われています。財務諸表はそんなに良い内容ではないので、そのままでは債務超過になり倒産します。しかし東電は今、過去最高益を出しています。なぜでしょうか?

そうです、国...

July 5, 2016

<要約>

元々電通ではCMの企画全体をみる仕事をしていて、若い時に小学館の「ピッカピカの一年生」を手掛け、10数年も続く最長記録となりました。カヌーが趣味で世界を歩き、「3倍働き3倍遊ぶ」をモットーにやってきました。

転機となったのはパリ=ダカールラリー見物でサハラ砂漠に行った時です。

赤いサハラ砂漠に白い砂漠を見つけ、それが貝殻であることに気づきました。元々漁業などされていた土地が砂漠化しているのを目の当たりにしてショックを受け、以来環境問題が頭から離れなくなりました。

問題、を語ることは難しいのでCMの手法を用い「環境マンガ」が生まれま...

July 4, 2016

<ポイント>

・医療からの自立を心がける = 薬に頼らない

・健康のためには

「朝しっかり太陽に光を浴びる」

「栄養バランスのとれた食事をする」

「腸内環境を整える」

「歩く」

そして

「笑う」

・自己免疫力を高めるためには

「よい姿勢でのウォーキング」

も効果的。

<トーク要旨>

皆さんはオプジーボという新しい抗がん剤を知っていますか?大阪の小野薬品工業が開発した薬です。1992年、京都大学の教授が発見した知見を基に開発された抗がん剤で、従来の抗がん剤とはちがって、免疫力を落とさずがん細胞と健康な細胞の間を切り離す画期的な薬です。但し多額の開発費用から、体...

Please reload

特集記事
最新記事
Please reload

アーカイブ