© 22世紀に残すもの

​お問い合わせ

December 1, 2019

《セミナー詳細》

テーマ 『若年女性を取り巻く現状〜SNSに潜む危険〜』 

講師  橘 ジュン氏

日時  2020年1月21日(火) 19時-21時講演&質疑 -22時シェア会

場所  渋谷COHSA

    COHSA Shibuya

    〒150-0002 東京都 渋谷区渋谷4-5-5

    http://cohsa.com/

開場  18:45

定員  30名(定員になり次第締め切らせて頂きます)

会費 下記、peatixのリンクにて事前振り込み(講座&懇親会)

         https://bon...

November 8, 2019

《セミナー詳細》

テーマ 『再び訴える 新聞の普遍の価値と使命』
講師  菅沼堅吾氏
日時  2019年11月27日(水) 19時-21時講演&質疑 -22時シェア会
場所  渋谷COHSA
    COHSA Shibuya
    〒150-0002 東京都 渋谷区渋谷4-5-5
              http://cohsa.com/
開場  18:45
定員  30名(定員になり次第締め切らせて頂きます)
会費 peatixにて事前振り込み(講座&懇親会)
...

September 14, 2019

《セミナー詳細》

テーマ 『先住民族こそ現代都市文明人の師匠である!』 

講師  西原 智昭氏

日時  2019年10月24日(木) 19時-21時講演&質疑 -22時シェア会

場所  渋谷COHSA

    COHSA Shibuya

    〒150-0002 東京都 渋谷区渋谷4-5-5

    http://cohsa.com/

開場  18:45

定員  30名(定員になり次第締め切らせて頂きます)

会費 peatixにて事前振り込み(講座&懇親会)
   一般3,500円
   学生1,500円(学生証等をご提示ください)
   障碍者1,...

April 26, 2019

~テキスタイル・エクスチェンジ代表ラレー・ペパー氏来日記念~
「海洋汚染とオーガニックコットンの役割
ーマイクロファイバー問題とテキスタイルの選択ー」
この度、5月8日(水)、*Textile Exchange(テキスタイル・エクスチェンジ) 代表LaRhea Pepper(ラレー・ペッパー)氏の来日を記念し、トークイベントを開催いたします。
*Textile Exchangeとは、サステナブルなテキスタイル産業を推進する米国のNPO。
オーガニックコットンの普及と推進を担う団体。

ラレー氏はテキサスにてオーガニックコットンを長年...

December 10, 2017

◆登壇者

海代表:畠山重篤氏

里代表:井村辰二郎氏

森代表:池田雅子氏、佐藤岳利氏

モデレーター:徳江倫明氏

司会:小谷あゆみ氏

飛び入りゲスト:本田亮氏

一般財団法人22世紀に残すもの発起人代表:渡邊智恵子

渡邊:

これからトークセッションが始まりますが、その前にご紹介させてください。実は「22世紀に残すものTalk」というYouTube番組では今までに24名のゲストをお呼びし、私がインタビューするという構成でラジオやYouTubeで流しています。今回登壇されている佐藤さんや井村さんも、「22世紀に残すものTalk」に登場していただいています。その...

December 10, 2017

◆ご挨拶

里代表としてお話しさせていただきます。

実は一昨日、12月8日は「有機農業の日」という記念日でした。

日本の中で有機農業推進法の制定された日です。その法律の制定へ尽力いただきました本野一郎

さんという大先輩が9月26日に亡くなりました。それと本当に私が尊敬をする、有機農業の第一人者と呼べる山下一穂さんが11月26日に永眠なさいました。お二人とも大先輩で、この場でお二人に感謝を述べたいと思います。

(会場スライドで説明)

こちらの最初の写真は私の父親で井村あきらといいます。

私は1960年生まれの53歳で、5代目の農家になります。

◆農業者...

December 10, 2017

◆挨拶

みなさん、こんにちは。今、ご紹介を頂きました長野県佐久市から参りました池田雅子と申します。今日このような機会を与えて頂きました渡邊社長はじめスタッフの皆さんに心から感謝申し上げたいと思います。私は今ここに立っているにあたり、森で今まで出会ってきた生物たちに「今日はしっかり森のことを伝えて来いよ」と言われているように思っています。私の目の前にいる皆さんに森のことを伝えるパイプ役をさせていただけたらいいなと、私の仕事はただそのひとつだと思っています。

◆森と関わるきっかけ

ここにおもてに描いてありますこの絵も私が描きました(スライド―...

December 10, 2017

司会・小谷)続きまして、森のお立場からご紹介します。株式会社ワイス・ワイス代表取締 役の佐藤岳利さんに伺います。1996 年に豊かな暮らしをテーマとするインテリアブランド、 ワイス・ワイスを設立。現在表参道のショップでオリジナル家具販売およびインテリアコン サルティングサービスを中心に、六本木の東京ミッドタウンで日本の伝統工芸を世界に発 信する暮しの道具の専門店を経営されています。フェアウッド 100%による家具作りを提唱 し、国産広葉樹や FSC 認証などを積極的に使うワイス・ワイスグリーンプロジェクトを展 開されています。201...

December 10, 2017

◆はじめに

私は本職は牡蠣やホタテの養殖業で、父の代からで私は二代目です。今では息子が三代目を継いでくれており、四代目を継ぐべく孫は七人も生まれました。孫の代で100年になります。

やっぱり「食べていかないといけない」のです。同じ仕事で100年食っていくのは生半可なことではなく、口先だけでは続きません。そういう意味で、私達の「森は海の恋人の運動」は、いろんな面で評価を頂いていたと思っています。

◆現状

東日本大震災では気仙沼も大変で、めちゃくちゃになって「海は生き物が姿を消して、海は死んだ」という学者もいました。海は死んだらどうしようもない...

November 14, 2017

未来へむけて希望のあるメッセージ、それを私たちは「しあわせの経済学」とよんでいます。基本的には「自然と、他の人とつながり直すこと」です。そのためにローカリゼーションが必要です。ほとんどの社会的、環境的な問題の解決に繋がる方法だと思います。

世界中の草の根の人つながるというビッグピクチャー(全体像)が大事です。

主流なメディアは、様々な危機を本来のものとは別なものに見せています。曰く、人間の貪欲さによりどんどん消費していくからこうなるんだ、また経済システムは進歩進化していてこの道以外にない、というふうに。でも一歩引いて全体を見てみると、必...

Please reload

特集記事
最新記事
Please reload

アーカイブ