22 世紀、わたしたちは生き延びられるのでしょうか 内山 節 氏

◆私たちは22世紀まで生きられますか? 私は、日本との比較の為にフランスの社会を研究していました。1970年代半ばのオイルショック以降のフランスは不況を迎え、1980年代に失業率は8,9,10%と上がり続け最終的には13.5%まで上昇しました。その中で若者の失業率は特に高く、当時20%代後半にもなっていたのです。国の制度として失業手当があるけれども、これには当然期限が決められています。しかし、国としても国民を飢え死にさせるわけにはいかないので、あの手この手で期間の延長の条件を付け、ある時には「就業研修の手続きをしただけで支給する」となることもありました。一方で、「10%が失業している」という状況は、「90%には職がある」ことの裏返しであります。すると、自分がいかにして90%側に入るか、その為には誰をクビにすれば自分が職を得られるかを考えるようになり、社会が段々と“下品”になっていました。 このように、人間が他人を蹴落としてでも、何をしてでも生きていこうとする姿を見てくると、今回のセミナーのテーマである「私たちは22世紀まで生きられますか?」という問いに対しては、生き延びられるでしょうと言う答えになります。 このような苦しい時代にあっても、フランスでは「今こそいい社会を作ろう」と言う流れにはなりませんでした。それは現在の国民戦線の躍進などにも見て取れます。 ◆近代社会の行き詰まり 現在は、近代社会が行き詰まりを迎えているように感じます。近代社会は、①国民国家②近代市民社会③資本主義から成り立つものです。特に、①国民国家の形成は、ヨーロッパの人々の中世以来の悲願でもありました。と言

「いいかげん」は日本人の素敵な特質。渡邉美樹氏

今回のゲストは国会議員の渡邉美樹氏です。 ※2016年2月21日放送。(前半) 「日本人は全てを受け入れる許容力が素晴らしい。”いい加減”は日本人の素敵な特質。環境問題や食料問題を乗り越えるためには今後世界が一つになる必要がある。そのためにはその良い意味での「いい加減」さが必要。」 「幸せのものさしが「お金」になっている。幸せとは何だろう?を大事に考えたい。お金は神様が与えた試練かもしれない。」 「僕は何千人社員があろうと嫌いな人がいない。それは命がけで母親が愛情を注いでくれたから。」 渡邊美樹氏プロフィール 1959年生まれ。小学校5年生の時、父親が経営する会社を清算したことから「自分は将来、社長になる」と決意する。明治大学を卒業後、財務や経理を習得するため、経理会社に半年間勤務。その後1年間運送会社で働き資本金300万円を貯める。1984年ワタミを創業。2000年東証一部上場。「地球上で一番たくさんのありがとうを集めるグループになろう」という理念のもと、外食・介護・宅食・農業・環境など、人が差別化となる独自の「6次産業モデル」を構築してきた。 個人として、「医療法人盈進会岸和田盈進会病院」理事長、日本経団連理事、政府教育再生会議委員、神奈川県教育委員会教育委員、日本相撲協会「ガバナンスの整備に関する独立委員会」委員、観光庁アドバイザーを歴任。現在、「学校法人郁文館夢学園」理事長、「公益財団法人みんなの夢をかなえる会」代表理事として、若者を中心とした夢実現の支援、「公益財団法人Save Earth Foundation」代表理事として、限りある自然資源を有効活用し、持続可能な

モスという企業が未来に繋げたい人材とは?

株式会社モスフードサービス代表取締役会長兼社長 櫻田厚さんをお迎えした対談トーク。第2弾です。 ※ 放送日 2016年1月31日 「経営の思想や哲学を暗記するよりも、何か具体的に答えられる実績があると、社員の自信に繋がる」 「人というものが、どう自然と融合していくのか?その哲学を橋渡しできる人材を育て未来につなげていきたい。」 櫻田厚氏プロフィール 1951年、東京都大田区生まれ。1970年、東京都立羽田高校卒業。卒業後は、20種類以上のアルバイトを経験し、広告代理店に入社。 1972年には叔父であり創業者の櫻田慧に誘われ、モスバーガー創業に携わる。 1977年にモスフードサービスに入社。直営店勤務、店舗開発、営業、回外事業部長を経験。 1998年に代表取締役社長就任。日本フランチャイズチェーン協会(JFA)会長の経験も。 2014年4月より会長職の兼任を開始。

モスフードサービス・櫻田厚社社長

今回のゲストは株式会社モスフードサービス代表取締役会長兼社長です。 ※ 放送日 2016年1月24日・31日 「コツコツと自然を相手に生活を担ってきたのが日本人。 日本人に生まれてきてよかった。大好きです。」 「綿々と語り継がれてきたものが、稀薄になってきた。」 櫻田厚氏プロフィール 1951年、東京都大田区生まれ。1970年、東京都立羽田高校卒業。卒業後は、20種類以上のアルバイトを経験し、広告代理店に入社。 1972年には叔父であり創業者の櫻田慧に誘われ、モスバーガー創業に携わる。 1977年にモスフードサービスに入社。直営店勤務、店舗開発、営業、回外事業部長を経験。 1998年に代表取締役社長就任。日本フランチャイズチェーン協会(JFA)会長の経験も。 2014年4月より会長職の兼任を開始。

「人間の本質も理性から感性へと移行する時代」芳村思風

対談番組第一回目のゲストは、感性論哲学の芳村思風先生です。 ※2016年1月10日放送 「大転換期である今の時代は人間の本質も理性から感性へと移行する。 その時代の転換を押し進めていく中心となり活躍しなければならない民族は、日本人である。」「日本人があらゆる領域でオピニオンローダーとして指導力を発揮する時代」 芳村思風先生 プロフィール 哲学者。 感性論哲学の創始者。 学習院大学大学院博士課程を中退して「思風庵哲学研究所」を設立する。 感性が生命の本質であり、人間の本質であり、宇宙の究極的実在であるとする < 感性を原理とした哲学> を世界で初めて体系化。 全体系は、講演にして200時間に及ぶ。 感性論哲学は、成功と幸せと健康になるための実践哲学。 感性論哲学の究極の目的は、世界平和と全人類の人間性の進化。 愛は、情緒や感情ではなく、能力・実力として育てなければならない としているため「愛の哲学」とも言わる。 30数年間、全国各地で講演活動を続け、 現在は全国20ヶ所以上で、感性論哲学を学ぶ「思風塾」が開催され、 講演・勉強会は、70歳を超えた今でも年間100 回を数える。 平成25年10月、感性論哲学を多くの人に広げ、 後世に伝えるための「思風会」が発足し、活動が始まった。 対談を読む

「矛盾を生きる=理屈を超えた愛」芳村思風先生

感性論哲学芳村思風先生をゲストにお迎えした対談第2弾です。 ※2016年1月17日放送分 「理性や理屈のみで物事に対応していくことが、心の荒みにつながる。相手の気持ちをまず理解しようとする愛のある姿勢が平和を生み出す」 「愛=心遣い=思い遣り」 「社会性とは性格や考え方が違っても一緒に生きていけるという事。理屈を超えた愛。それは矛盾を肯定的に受け入れ、生かすということ。」 「不完全を生きる」 芳村思風先生 プロフィール 哲学者。 感性論哲学の創始者。 学習院大学大学院博士課程を中退して「思風庵哲学研究所」を設立する。 感性が生命の本質であり、人間の本質であり、宇宙の究極的実在であるとする < 感性を原理とした哲学> を世界で初めて体系化。 全体系は、講演にして200時間に及ぶ。 感性論哲学は、成功と幸せと健康になるための実践哲学。 感性論哲学の究極の目的は、世界平和と全人類の人間性の進化。 愛は、情緒や感情ではなく、能力・実力として育てなければならない としているため「愛の哲学」とも言わる。 30数年間、全国各地で講演活動を続け、 現在は全国20ヶ所以上で、感性論哲学を学ぶ「思風塾」が開催され、 講演・勉強会は、70歳を超えた今でも年間100 回を数える。 平成25年10月、感性論哲学を多くの人に広げ、 後世に伝えるための「思風会」が発足し、活動が始まった。 対談を読む

公開サイトからブログを管理

最終更新: 7時間前 ブログの作成や管理を公開サイトから簡単に行えます。 サイトを公開後、公開済みのサイトにデスクトップまたはモバイルからアクセスし、Wix アカウント情報を利用してログインしてください。ログインしたサイトから記事の編集、投稿、管理ができます。 公開サイトに Wix アカウントでログインするだけでブログを簡単に作成。 サイトで作成した記事はすぐに公開でき、下書きとして保存もできます。 下書きした記事は、プロフィール画像をクリックして [下書き] からアクセスできます。 読者からのコメントもすべて管理可能。コメントへの返信やいいね!、削除などを手軽に行うことができます。

最新のレイアウトからサイトを作成

最終更新: 7分前 全8種類のレイアウトをご利用いただけます。[設定] > [レイアウト] からポストカードのスタイルのレイアウトや、全記事をスクロールダウンしながら読んでいくレイアウトなど、お好みに応じた様々なレイアウトをご利用いただけます。 全てのレイアウトに SNS ボタンがデフォルトで設置されているので、読者は Facebook や Twitter などのソーシャルメディアで記事を簡単にシェアしたりできます。 作成のヒント: ホームページとカテゴリーページのレイアウトを選択できますので、それぞれに異なったレイアウトを利用し、より魅力的なサイトを作成しましょう。 レイアウトの設定方法: 1. [設定] > [レイアウト] 2. [レイアウト] > [トップページ] と [カテゴリーページ] からそれぞれレイアウトを選択してください。

ブログをいつでもどこでも管理

最終更新: 2時間前 Wix ブログを利用すれば、外出先からスマホを利用してブログを投稿できます。スマホから公開済みのサイトに Wix アカウントでログインして、記事の投稿や管理、ユーザーのフォローなど簡単に行えます。 ファッションショーの閲覧中、スポーツ観戦中、レストランでお食事後など外出先から記事を下書きとして保存しておき、後でパソコンから編集して投稿もできます。 Wix ブログの記事閲覧はデスクトップ、モバイル両方対応しています。 #休日

カテゴリーでより見やすいブログ

最終更新: 2時間前 ブログ内にカテゴリーを作成することで、記事をトピック別に分別することができ、読者は興味のあるブログを簡単に見つけることができます。 記事は最大3つの異なるカテゴリーに追加できます。 カテゴリーはナビゲーションメニューに表示されますので、あなたが主として書いているトピック (フード、ファッション、スポーツなど) をカテゴリーに作成しましょう。 それぞれのカテゴリーページはあなた好みに編集することができますので、タイトルを変更したり、ページヘッダーに画像を利用して興味をひきつけるページを作りましょう。 作成のヒント: カテゴリー名には簡潔な名前を使用し、カテゴリーの数は7つまでに制限することをおすすめします。 カテゴリーの管理方法: Wix エディタにログイン [設定] > [カテゴリー] カテゴリーを選択 3つのドットをクリック [編集] をクリック

ブロガーコミュニティを作りましょう

最終更新: 1時間前 Wix ブログでは、記事を投稿するだけでなく、読者や執筆者がコミュニティを作ることができます。 読者はユーザー会員になることで、意見を交換したり、フォローしたりすることができます。 ブログコミュニティを広げよう 読者は公開サイトからユーザー登録でき、プロフィール画面も作成できます。読者はユーザー会員となることで他のユーザーをフォローしたりプロフィールを閲覧することができ、コミュニティを広げていくことができます。 公開サイトのユーザーアイコンをクリックすることで、全ユーザーを表示できます。 ヒント: 検索や並び替えを利用してユーザーを簡単に見つけることができます。 #夢

記事の削除方法

最終更新: 43分前 テンプレートのサンプル記事を削除して、あなた自身の記事を投稿しませんか?記事の削除は簡単です。 プレビューモード、または公開サイトから記事タイトル横の3つのドットをクリックして、[記事を削除] をクリックしてください。または [設定] > [記事の管理] からも行えます。 記事を削除する前に、まずはプレビューモードでサンプル記事のレイアウトを閲覧してブログのデザイン方法をぜひご覧ください。

画像・動画の追加、テキストのスタイルの変更

最終更新: 40分前 記事に画像や動画を追加することでより魅力的なブログを作成することができます。 テキストが多いブログも、フォントやスタイルを活用してオシャレなブログに仕上げることもできます。 画像・動画 画像・動画は全幅、フィット、コンパクトと大きさを変更できます。投稿済みの記事はプレビューモード、または公開サイトから記事の編集をクリックして行なってください。 テキストの配置 画像・動画とテキストの配置を左揃え、右揃えから選択することができます。 小見出し ブログタイトルの下に読者を惹きつける小見出しを作成することで長い文章を見やすくすることができます。 #夢

ハッシュタグを活用しましょう

最終更新: 4分前 #ハッシュタグ はご存知ですか? 記事にハッシュタグ (#夏休み #夢 #育児) を利用することで、他のユーザーがハッシュタグで検索した際に自分の投稿を見てもらえます。 同じことに興味を持った人たちと、共通の話題で盛り上がれます。ぜひ #ハッシュタグ を利用しましょう! ヒント: 投稿する記事のトピックに関するハッシュタグを作成しましょう。

ブログ執筆者を追加しましょう

最終更新: 25分前 あなたが運営しているサイトにブログ執筆者を追加することができます。 これからはあなた一人でブログを書く必要はありません。運営しているサイトにブログ執筆者を追加し、常に新しいコンテンツを公開しましょう。 ブログを定期的に発信することは、企業やビジネスのブランド力を高めることに繋がります。ブログを通じて情報発信することでマーケティング戦略も可能になります。 追加数に制限はありません。ブログ執筆者として設定されたユーザーは、公開サイトから自由に記事の投稿、また投稿した記事の管理を行えます。 執筆者の設定方法: 公開サイトからユーザーページを表示 ユーザーを検索 ユーザープロフィールを表示 3つのドットをクリック [執筆者に設定] をクリックしてください

© 22世紀に残すもの

​お問い合わせ