© 22世紀に残すもの

​お問い合わせ

“本物の食べ物”を22世紀に残すために、必要不可欠な“本物の種”の話

「Real seed Real food 本物の種が本物の食品を作ります。」 ジョン・ムーア氏  一般社団法人 Seeds of Life 「講演では、いつも何を話すかは決めていません。今日はみなさん、何を聞きたいでしょうか?」 めちゃめちゃパワフルなジョンの話は、みんなに「聞きたいこと」を尋ねることから始まりました。 固定種、在来種の種の話、オーガニックの話と思いきや・・・ 「F1とかオーガニックが・・・という議論は、実は浅いレベルだと思います。 例えば、微生物レベルで考えることをしているでしょうか? 見えない微生物は様々なものを選び、作り出しています。微生物レベルで調べないと、オーガニックとかいうだけでは本当の事はわからないものです。 深く深く掘って行かなくてはなりません。」 印象的だったのは、 「今の大きな問題は Listening ――our lost art 私達は聞くことを忘れてしまっています。」 「見えないものが見えるものをつくる本物の種は賢くて強い。 作物は種と土の仕事によって育ちます。listening 聞くことが大事です」 という言葉でした。 植物は賢い、ということをこんなふうに言っています。 「土の中で、根と根の間は繋がっていて、根っこで植物はメッセージの伝達をしています。そうやってcooperationつながっているんです。 木は動けないので、たとえば匂いを出して隣の植物に伝えています。 自分を食べる虫がやってきたら、その虫を食べる天敵を呼び寄せたり、そうやって匂いでcommunicationしています。」 「原発の後、ある植物が増えました